相続・事業承継 記事一覧

相続税の基礎知識平成25年度の税制改正により、平成27年1月1日以降に発生する相続等について課税が強化されました。これまでは一定規模以上の相続財産がない限り相続税の申告を要しなかった場合でも、改正後においては相続税の申告が必要となるケースも増えることが想定されており、相続税に対する注目が高まっています。相続税とは相続税は、個人が被相続人(亡くなられた人のことをいいます。)から相続などによって財産を...

遺産分割対策について相続人とはいえ被相続人(亡くなった方)の財産を自由に処分することはできません。被相続人の財産を処分するには遺産分割という手続きを行う必要があります。遺産分割とは、相続開始後、共同相続人の共有状態にある相続財産を各相続人に適正に帰属させる手続きのことをいいます。遺産分割の類型には、指定分割、協議分割、審判分割の3種類があります。遺産分割の類型(1)指定分割指定分割とは、被相続人が...

相続税の納税資金を確保する方法相続対策のひとつに相続税の納税資金の確保があります。ある程度の財産をお持ちの方は、仮に何らかの対策により相続財産の評価額を減少させることができたとしも、課税対象となる相続財産の価額がゼロになることは通常はないため、納付税額が生じることになります。相続税の納付は、金銭による一括納付が原則になりますので、相続対策を行ううえで、納税資金の確保は重要な検討課題となります。保険...

事業承継の方法オーナー企業の経営者から後継者へ経営権をバトンタッチするにあたり、事業承継はとても重要な課題といえるでしょう。オーナー企業の株式(自社株式)を後継者へ譲ることで形式的に経営権は委譲できたとしても、後継者が現経営者と同様の求心力が従業員や役員から得られるとは限りませんし、取引先や金融機関から十分な信用が得られるには相応の時間がかかるかもしれません。このほかに、後継者における自社株式の取...

親族内事業承継の税務上のポイント近年、後継者不足など中小企業における事業承継に関する問題が関心を集めいています。事業承継の手法には大きく分けて、ご子息などへ自社の株式を移転させる方法(親族内承継)、社内の役員や従業員あるいは外部の同業他社へ自社の株式を譲る方法(親族外承継)があります。未上場会社における事業承継の多くは、後継者であるご子息などの親族に対する自社株式(経営権)の委譲であり、法制面にお...

新・事業承継税制について平成25年度税制改正により、非上場株式等についての相続税および贈与税の納税猶予および免除の特例(以下、『事業承継税制』といいます。)の適用要件の緩和、手続きの簡素化が図られました。これらの改正事項は、平成27年1月1日以後に相続もしくは遺贈または贈与により取得する非上場株式等に係る相続税または贈与税について適用されます。また、平成30年度税制改正において、上記の事業承継税制...

教育資金贈与について平成25年度税制改正により、直系尊属が一括贈与する教育資金について、一定の要件を満たすことにより贈与税を非課税とする措置が設けられました。高齢者世代が所有する資産が教育資金として子育て世代へ一括贈与されることにより、子育て世代において資金的に余裕が生まれ、その資金が他の支出に回されることで消費が活性化させるといった効果も期待されています。非課税制度の概要平成25年4月1日から平...

トップへ戻る