創業・起業 記事一覧

創業時における資金調達について新規事業の立ち上げや会社設立において、当面の運転資金をいかにして確保するかが課題となります。必要資金のすべてを自己資金で賄えるケースは少ないことから、通常は第三者から融資を受けることになります。しかしながら、創業間もない事業には実績がないことから、金融機関などから融資を得ることは容易なことではありません。ここでは、創業時における資金調達方法についてご紹介します。公的金...

新創業融資制度について創業にあたって性別・年齢を問わず多くの方が直面する問題として、「自己資金が不足している」「事業が失敗したときのリスクが大きい」などが挙げられます。公的金融機関である日本政策金融公庫には、創業を志す方を対象とした様々な融資制度があります。その中から、特に注目度の高い「新創業融資制度」についてご紹介いたします。創業時に利用できる融資制度日本政策金融公庫において創業時でも利用できる...

事業計画の重要性創業融資や補助金等を受けるにあたり必ず作成が求められるのが事業計画です。事業計画は創業融資や補助金等の審査の拠りどころとなる重要な資料であり、実現可能性の有無がポイントとなることから、記載内容の根拠等についての十分な検討が求められます。事業計画とは創業段階における事業計画は、将来の損益計画や資金計画はもちろん、立ち上げる事業の目的や社会に対してどのように貢献していくのか等についても...

株式会社と合同会社創業・起業当初から法人を設立する場合や個人事業から法人形態に移行(法人成り)するために法人を設立する場合など、会社設立に際してはどのような会社を設立するかを検討する必要があります。2006年の会社法施行により有限会社制度が廃止され、代わりに合同会社の設立が認められることとなりました。会社法施行から10年程が経過し、合同会社の認知度も高まってきており、設立件数も増加傾向にあります。...

法人の銀行口座の開設について創業・起業により法人を設立したあとで必要となる手続きとして、まず金融機関に法人名義の口座を開設する必要があります。近年は銀行口座の不正利用を防止する観点から法人口座の開設時の審査が厳しくなっており、いずれの金融機関においても法人口座の開設*には一定の審査を受ける必要があります。ここでは法人口座を開設するにあたり、どのような金融機関に口座を開設すれば良いかを検討する場合に...

トップへ戻る